--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年のうちにどうしても書いておきたいことがあります

2010年12月31日 19:58

大晦日なので、今日はちゃんとブログを書こうと思いました。

今年はいろいろありました。
勉強に部活に恋に七転び八起きの一年でした。
受験は一足先に終わることができました。
来年4月からは仙台市民になります。工学部で原子力の研究者を目指して頑張ります。
受験のことについては、書きたいことがいっぱいあるんですが、それは今度にします。
とにかく、今年も「生きててよかった」と「死んでしまいたい」を数えきれぬほど繰り返しました。
思春期のころからずっと繰り返してきたはずですが。
けれども、今年少し成長したな、と思うのは、「死んでしまいたい」を「生きててよかった」に変えられるようになってきたかしら?と思うことです。
しくじったな、と思うことを引きずって、「おれはだめだ」と自己嫌悪に沈んでも、問題は何も解決しない。という現実を、ようやく自分の現実として認識できたような気がします。
過去は過去で、確かにどうしようもないものでした。誰かを傷つけたこと、勉強をし足りなかったこと、やるべきことを期限までに終わらせられなかったこと。過去のある時点の自分が、許しがたい失敗をしたこと。
けれども、それに独りこだわって、眼前の現実と向き合わないでいることが、結果として、事態を悪化させ、場合によってはより多くの人に迷惑をかけてしまうものです。
今年もそんなことが何度かありました。それでも、そんなときは必ず、「大丈夫だよ」と言ってくれる人がいたのです。
それは、人の失敗をいつまでも責めたってどうしようもない、ということを、たいていの人は知っているからです。失敗した人が次に何をするか、そこに期待を寄せ、支えてあげるほうが建設的だと知っています。
私は、失敗したら、その次の瞬間、つまり今そのときに、何をするのか。それが一番大事、というか、すべてじゃないかと思います。私が生きていくのはこれから先の未来であって、それは今何をするかが決めるからです。
そのために、苦しいときこそ、「こうなったら一番幸せだなあ!」と思う未来を、できるだけ現実的に、事細かに想像してみるといいんじゃないかなーと思っています。そうすると今やるべきことも少しすっきり見えてきたりするし、やる気が出てくるような気がします。自分ががむしゃらにがんばれちゃったりするときって、無意識のうちにそういう思考の段階を踏んでるもんじゃないでしょうか。
つまり、何が言いたいかというと、まずは未来志向でいこうぜ!ということです。
自分が許せなくて凹んだり失敗したりすることもあるけど、そんなときには楽しい未来と感謝すべき過去のことを考えてみると今の自分がちょっと許せるかなって思えるときがあるよ!ということです。
私だって未だにおれはくずだもうだめだって落ち込みますが、できるだけそんな風に考えるようにしてます。実際「めんどくさい」って思うことが少なくなったような気がします。
失敗した→おれはもうだめだ→だめなおれが人を頼っていいわけがない→なんとかしなくちゃいけないってわかってるけどあああやりたくないよおお→また失敗した!どうしたらいいんだやっぱりおれはだめだ
と、いう負の循環を断ち切りたい!という人のちょっとした参考になれば良いな、と思って書いてみました。うまく書けなくてもにょもにょします。
こういう気付きを得られたのは今年はいろいろあったからです。
今年一年、支えてくれたたくさんの方々、大変お世話になりました。本当にありがとうございました。
来年はもっといろいろある年になればいいなと思います。
これからも仲良くしてください。
そしてまだあまり話したことのないたくさんの楽しい方々、ぜひ来年仲良くさせてください。
良いお年を。
スポンサーサイト

急に思い立ったので

2010年08月09日 22:16

今日から日記を書こうと思う。
いつかは私も女子高生でなくなる。17歳が過去になっても戻れないし、青春は一度きりである。
だから、青春時代をときめく私の頭の中や生活の機微の一つ一つを、できるだけ日記という形で残しておきたいと思う。twitterは読み返すのに向いていないし、発言をバックアップしておくだけというのも情が無いような気がする。日記という言葉の響きに意味がある、と、なんとなく思うだけのことだけれども、それは少なくとも私にとっては重要なことだし、これは私自身のためだけに書かれる日記だからそれでいいのだ。

日記はiPodで書く。誰にでも見せられそうなものならば、ブログにアップする。
一日に何度もアップするかもしれないし、全くしない日もあるかもしれないし、だいたい雑になる。一応受験生なので推敲に時間を割きたくないと思う。
人に見せるための日記を書こうとするとどうも続かない。けれど私のゴーストは日記を書けと囁くし、ときどきブログ更新して下さいと言ってくれる人はいるので、しばらくは、このような形でやってみよう。今度はいつまで続くかなー。

あとブログのコメントは返せないこともあると思います…すみません。ご容赦下さい。

やりました

2010年02月04日 06:23

昨日、消防試験研究センターから危険物取扱者乙種第四類の合否通知が来ました。合格でした。よしっ。
正答率は法令が80%、物理・化学が70%、性質・消火が100%。
このくらいの難易度の試験だったら、どの分野も90%以上取れちゃう人も結構いそうな気がする。
他の類はもう少し簡単みたいだし、そのくらいとれるようにがんばってみる。

(8日目)ありがとう1万ヒット

2010年01月12日 09:56

私がまたもブログをサボっている間に1万ヒットしたようですね。
ここまで何年かかったかわかりませんが、私に何度裏切られても(すみません…)見にきてくださる方々には大変感謝しています。まだまだ続きますのでどうぞよろしくおねがいします。あとコメントをなかなかお返しできず申し訳ありません…

昨日、Twitterを眺めていたら、いろんな人が過去の絵を公開するということをやっていました。
私も自分が過去に描いた絵を久しぶりに見てみたいという気持ちになったので、とりあえずPC上を探してみました。
そうしたら、出てきた一番古い絵が、2002年のもの。小4のころです。
fila2.png
そこから新しいほうへ年代を追って絵を見ていったのですが、少しずつ進歩していくのが見て取れておもしろかったです。昔のことながら、うれしくなっちゃいます。
これは2003年、小5かな。
saifet.png
小6や中1くらいになると、林檎さんの曲をイメージして描いた絵や、直太朗さんの曲名が名前になっているキャラクターなんかが結構出てくる。
これは2004年、小6なんだけどどうみても林檎さんの『本能』でしょ。
honnou.png
これは2005年、中1で、キャラクターの名前がレスト。直太朗さんの『レスター』からとってて、これは曲のイメージで描いた絵ですね。
rest_2.png
すごく直太朗さんと林檎さんが好きだったんだなあ、ということと、同時に、当時の数々の絵にぶつけられたはつ恋の辛さを思い出します。
これらの年代に描いた絵には、稚拙だけどもゆるぎない個性があって、ありふれてなくて、アイデアがあって、失ってしまったたくさんのものがそこにある。そんな絵がまだまだ残されている。ああ、私はなんて、なんてつまらない、頭の固い人間になってしまったんだろうと思う。なんだか、こういうことを、昔の絵や詩を見るたびに痛感している気がする。

昔の絵や詩のそれぞれが、当時の私の一部分で、ある年代のあらゆる創作物を見ていくと、切り取られた私の一部分がパズルのピースが組み合わさっていくように、当時のほとんど等身大の私が、頭の中に構築されて、感じていた光景を、においを、感触を、あらゆる気持ちをあざやかに思い出したりする。
定期的にそういうことを儀式みたいに繰り返している。先に進むためのヒントがそこにあるよな気がするんですねー。
この大切な儀式を執り行うためというのも、私が創作をしたいという理由のひとつなのかもしれない。
というわけで1万ヒットを機に、これからはわりとどうでもいいことでも積極的に書きとめていこうかなあと思います。
今の私は、今の私をあんまり残せていない気がするし。そのときそのときのそのままの自分をさまざまな形で、できるだけたくさん残しておこう。
というかもう、○日目とか書くのやめたほうがいいよね。無駄だよね。

(7日目)あけましたね

2010年01月02日 00:51

喪中につきおめでとうございますとは言いづらいのですが。
あけましたね。始まりました。2010年です。

2009年。ほんっとうーにいろいろあった1年でした。
失恋して胸まであった髪をばっさり切ってショートにしたり。
基本情報技術者試験に受かったり。(ほめて!)
電子回路組み立ての大会で全国まで行ってメダルもらったり。(ほめてほめて!)
工事担任者試験総合種に落ちたり。
ぱっと思いつくのはこのくらいだなあ。これらのできごとにまつわる細かいできごとがたくさんあったんです。
そういったことごとのなか、強く感じたのは、誰かのためにこそ生きられるかもしれないっていうことでした。
この1年は特に、前進したい私を応援してくれる人に、期待してくれる人に、「がんばってね」って言ってくれる人にたくさん出会ったような気がします。
ゴミでカスでクズで不甲斐ない私なんか、死んじゃえばいいのよ!って思うことは何度も何度もあって、そのたびに、何のために生きるのかわからなくなってしまいます。
けれども、そんなとき、やさしき人びとのことを思い出します。こんな私を応援してくれる人がいる。期待してくれる人がいる。私ががんばれば、「がんばってね」って言ってくれた人が喜んでくれるはず。そのがんばりが実を結んだときには、期待してくれ人も喜んでくれるはず。そのことが私を生かしてくれるんです。
そのことに気付いたから、今年はきっと、去年よりもっとがんばれる!って思ってます。
まあ、誰かのためにこそ生きられるだなんて言うけれど、ほんとはただ単純に、大好きだって思う人とかに「よくがんばったね」ってほめてもらいたいだけかも…ですね。えへへ。なでなでされちゃったりして。えへへへ。

2010年、私はついに受験生になります。
早いものです。高校受験に受かったことをブログに書いたのが、ついこの間のことのようです。
きっとこの1年は、これまで以上にあっという間に過ぎていってしまうんでしょうね。だって高校生活最後の一年なんだもん!
一日一日、残された時間を、無駄にしないように、心をこめてすごしたい。
そのためにも。今年の目標は「いちずになること」。です。
集中して、いちずにただひとつのなにかを、熱心に希求する。そういう人に私はなりたい!

というわけで、今年もなんとかがんばりますので…!よろしくおねがいします。
というか…恋をしていないとこんなにつまらない日記になるんですね…キラキラ感が少しもない…


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。