--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

行ってきます

2007年06月17日 16:33

あと3日でテストです。

正直言って勉強が追いつかないかもです。

でもやるしかないのでがんばります(`・ω・´)
毎回毎回の定番なノイローゼは今のところ最初の数日でなんとなかなってるぽいし。

で、そういうわけなのであと数日はブログをお休みします。
そうでなくてもしょっちゅうお休みしてるけど、まあいい。
ブログは書けなくてもtwitterに入り浸ってるので覗いてみてくださいな。

ではまた、木曜日にでも。



FC2ブログランキングもよしなに
スポンサーサイト

宝石箱は 流れていった

2007年06月11日 21:11

dunbine.png

昨日の夕方に帰ってきました。
つらかった。いまもつらい。

結局、ずっともやもやしてる。

いっぱい書いたけど消した(´・ω・`)

甘ったれたい気持をなんとか突き放してみる。

けれど、テスト勉強も課題の個人新聞も手に付かない。

いちばんわかってくれるSCの先生は金曜日しか来ない。

仕方なく「みえるだろう バイストン・ウェル」に癒されるだけ。



FC2ブログランキングもよしなに

旅立ちの朝に

2007年06月07日 06:34

タイトル 

詩や絵では人を救うことはできないんですか?神様。


ニコニコ動画-ラクガキ王国2で黒富野

それにしてもこのイデオン、ノリノリである。
イデオンがユラユラとリズム取り始めたとことオチで吹いたw
ほんと、この再現度はすごいよねえ。ゲージとか細部まで凝ってるし…
ラクガキ王国2のペイント機能ってどうなんだろう?無印しかやったことないから、大したものが描けそうではない印象なんだけど。
けど、どっちにしても、やっぱり、上手い人は道具を選ばないよね…。
マスクもレイヤーもないというショボさが泣ける、あのMSペイントで職人的な絵を描いちゃう人とかいるし。
もちろんわたしは道具を選べるほどの技量はないから問題外。


YouTube - Z Gundam / From an Aqueous Star with Love

これは…おそらくデビュー当時の森口博子だと思われ。
17歳だっけ。わ、若い…声だけ聴くとそんな感じがしないんだよなあ…時代がちがうだけなのかな?
なんか…いつもこの曲の「もう泣かないで 今あなたを探している 人がいるから お前に逢いたいよと」のところでいつもジンワリしてしまう。
後半のカミーユと彼を取り巻く状況とダブって見えるんだよなあ…
新訳でカミーユが救われてよかった、うん、本当に良かった。


YouTube - 森口博子 - ETERNAL WIND

こちらは20年後の森口博子。
歌謡チャリティーコンサートって書いてあるけどなんだろうこれ…
ガンダムコンサートとはまた別なのかな?…まあいいか。
でも、20年後とはいえ面影ありまくりなのですよねー
37歳になるのかなあ。なんかすごくきれいになった気がするのはわたしだけ?
高音がでづらそうなかんじはするけど、あいかわらずわたしのすきな声だ。
オーケストラがなかなかいいかんじで好きだわ。この曲にあってるんだよ、ぜったい。


今日から修学旅行(うちの学校では見学旅行ってことになってますが)で東北に行って参ります。
3泊4日、札幌より発して、函館から青函トンネルを通って青森を見て、その後岩手、秋田(反対かも)を見て帰ってくるというぐあいです
どうしても遠出したり夜になったりすると不安になってしまう性質でもあり、最近は少しおさまり気味ではあるけど、げろ恐怖持ちという性質でもあるため、なかなか希望がもてていません
それにクラスの人と4日間生活を共にするのは怖くて怖くて仕方がありません
けれど、つらくなったら列車の交流時間でも、ホテルでの時間でも、無理してそこにいなくてもいいという風に、保健の先生は言ってくれています
どこまでがんばればいいかわたしには分からないけれど、少しは楽をしてもいいんだ、という安心感はあります
できることなら楽しい思い出をつくりたいので、わたしなりにがんばってきます。
∀の癒しも買ってもらったしな!トミノはいつでも補給できるしな!

では行ってきます。さよなら北海道。人生初の内地をふみしめるゼェーッッット!!



FC2ブログランキングもよしなに

戦場までは何マイル?

2007年06月04日 23:45

こないだザブングル観終わったー。
なんだか妙にスカッとする作品だったわ。
ザブングル観る前はダンバインとか劇場版イデオンとか観てたからかな。
うん、なんかキャラひとりひとりがとてもいとおしかった。
うまく言えないのだけど、きれいなものも汚いものも、「それも人間だよね」って認めてしまう、そういう描き方にわたしは見えた。
いわゆる黒富野って言われるような、辛いところを見せつけて、アニメに逃げるファンを突き放す(大げさな言い方だけど)ような作品ではなかったなあ。
心地よく現実に帰ってゆけるような気がしたんですよねえ。
そして、同時に、わたしにはやっぱり、一時的な逃げ場になるような、そういうアニメが必要なのかもしれないと思った。
アニメの世界にヒキコモってはいけないけれど、ちゃんと帰ってこられればいいよね。
そういう存在がなければ人の心は破綻してしまうじゃないか。

ちなみに後半は前半ほどおもしろくないって言っている人をよく見かけますが、あたしはもっぱら後半派です。
エルチが船出しはじめるところからどんどんはまってしまった。
あたし好きなのかなあラブコメが。ラブコメ度が上がったのも後半からだし。
ていうかこの話全体がラブコメと言っても全然不自然じゃないよほんとに。
人は見た目じゃないって思い知らされたね、痛烈に…
あとわたしはダンバインでも地上編からが好きです。単にひねくれてるだけかもね。

そんで、今日は0080みました。
浪川の声が!幼い!幼すぎるッ!
てっきりアルは8歳くらいかと思ってしまったよ。11歳だなんて…
でもアル母が体育着を渡してからの場面は11歳の少年らしくて好きだわ。
「はい」って答えるところ(かな?)のちょっと屈折したかんじの表情とか。
あと「はい」を繰り返しながらゲームのなかで病院や学校なんかを壊していくところとかね。
中途半端に屈折してるキャラは好きじゃないけど(同族嫌悪かしら)、わたし11歳のときそこまでひねくれてなかったもん。
今も変なところだけ律儀だったりひねくれてたりしますが、まあそれはいいとして。
街で爆発が起こったときにそれほど子どもたちが怖がってなかったのが意外だった。
もっとパニックになるかと思ってたんだけど、それどころか興味津々だし。
彼らにとっては戦争なんて、まして爆発なんて、それほど非日常的なものではないのかもしれないのかな、なんて考えたりもして。
1年戦争があったんだもんなあ。
戦争は人の中にある常識を麻痺させてしまうって言ってたのは先生だったかなあ。

まだ1話しか見てません。ラストで出会ったバーニィとアルがどうなっていくのか超きになります…!!
冒頭に出てきたむちゃくちゃカッコいいMSは何ていうんだろう。またでてきてくんないかなー。



FC2ブログランキングもよしなに
ついつい文章が長くなる…ぐだぐだ。
いつも相当見当違いなことばっかり言ってますがもう気にしないでください…!

[回る宇宙]

2007年06月02日 23:18

詩を載せてみるテスト。

今までは別なブログに載せていたのですが、どうもわたしは2つも管理していけるほど器用じゃないようで。
どうにもキツくなってしまったので、詩もメインのバイブレーションに載せようかなあと思ったわけです。

ちなみに今回載せるのは去年書いた詩なのであります。
詩ブログの過去ログから妥当なのを引っ張ってきました。
端から重いのはイヤだわ、と思って、愛だのなんだの言ってるのを除けていったらそうなったんですが。
それでも随分でかい口を叩いてしまった気がする、けどまあいいや。
 
そのうちあたらしいのもかきたい…な…
 
 
[ 続きを読む ]


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。